title
2019年9月 121号

悔し涙を笑顔に変えて

■担当マッサージ師/てあて在宅マッサージ昭島 笠野浩平
■レポート/てあて在宅マッサージ昭島 相談員 佐々木明美


 K.Iさん69歳は、まだまだ働き盛りの59歳の時に脳梗塞を発症。倒れたのは奇しくも10年前の勤労感謝の日でした。右半身麻痺となり、体も動かせない、言葉も話せない状態から杖をついて歩けるようになるまで回復できたのは、奥様とともに歩んだ10年の日々の積み重ねがあったからです。

 
  ▲「病気で倒れてからは食べ物の好き嫌いがなくなり、それまで一切食べなかった野菜が大好きになりました」とKさん。本日の施術を終えて、奥様とマッサージ師の笠野浩平と。
 

 流した涙を原動力に

 
   振り返れば前兆はあったと奥様は言います。「倒れる数か月前に車庫入れの時に車の右側をぶつけたことが2回あったんです。何十年も無事故だったのに」。
 体の異変に気付いたその日に救急車を呼んで入院。退院したときは、歩くことも喋ることもできない状態でした。
 「車椅子で帰ってきて、本棚のある所に連れて行ってくれと言うんです。本棚の前で自分の好きな本を手にとって、涙をぽろぽろと流したんです」。それは、大好きだった読書がもうできないという悔し涙でした。
せめて本を読めるようにしてあげたいと思い、奥様は仕事を辞め、在宅介護をしながら夫婦二人三脚のリハビリ生活が始まりました。 しかし、最初の頃は、気持ちを強く持っていても、まったく言うことをきかない体との闘いに心がくじけそうになりました。「お父さんがそんなやる気がないなら、もうやめようと言って、泣いたり、怒ったりと、その繰り返しでした」。
 
 

「好きな言葉は『継続』でしょうね。やっぱり」/K.I

 
   
  ▲週2回の在宅マッサージでは、右半身を主に全身のマッサージを行うほか、機能回復訓練や、歩行指導も行っています。昔からスポーツが好きだったというKさん。障害者スポーツセンターとデイケアに週3回通い、そして家では、毎日ストレッチと、立ち座り運動を欠かさずに行っています。「家族にがんばる姿を見てもらいたかった」。そんな思いもリハビリの力になったといいます。  
 

継続は力なり

 
   そんなリハビリの日々をコツコツと継続すること10年。固くなってしまった筋肉や、ハードなリハビリ生活で疲れた体をケアするために8年前から在宅マッサージを始めました。マッサージは体の疲れをリセットすると共に、リハビリのフォローもでき、心も体もリフレッシュできるそうです。  現在では、杖をついて歩行できるまでに回復したKさん。今の楽しみは、スポーツリハビリで始めた卓球や友人と楽しむ麻雀と将棋です。そして、「何より嬉しいのは、大きな声でよく笑うようになったことです」と奥様。 たとえ、日々目には見えなくても、続けることが大きな進歩につながることを、Kさんの笑顔が力強く証明してくれていました。  
   

↑TOP

contents バックナンバー
  2009.08.01号  2009.09.02号
2009.10.03号  2009.11.04号
2009.12.05号  2010.01.06号
2010.02.07号  2010.03.08号
2010.04.09号  2010.05.10号
2010.06.11号  2010.07.12号
2010.08.13号  2010.09.14号
2010.10.15号  2010.11.16号
2010.12.17号  2011.01.18号
2011.02.19号  2011.03.20号
2011.04.21号  2011.05.22号
2011.06.23号  2011.08.24号
2011.09.25号  2011.10.26号
2011.11.27号  2011.12.28号
2012.01.29号  2012.02.30号
2012.03.31号  2012.04.32号
2012.05.33号  2012.06.34号
2012.07.35号  2012.08.36号
2012.09.37号  2012.10.38号
2012.11.39号  2012.12.40号
2013.01.41号  2013.02.42号
2013.03.43号  2013.04.44号
2013.05.45号  2013.06.46号
2013.07.47号  2013.08.48号
2013.09.49号  2013.10.50号
2013.11.51号  2013.12.52号
2014.01.53号  2014.02.54号
2014.03.55号  2014.04.56号
2014.05.57号  2014.06.58号
2014.07.59号  2014.08.60号
2014.09.61号  2014.10.62号
2014.11.63号  2014.12.64号
2015.01.65号  2015.02.66号
2015.03.67号  2015.04.68号
2015.05.69号  2015.06.70号
2015.07.71号  2015.08.72号
2015.09.73号  2015.10.74号
2015.11.75号  2015.12.76号
2016.01.77号  2016.02.78号
2016.03.79号  2016.04.80号
2016.05.81号  2016.16.82号
2016.07.83号  2016.08.84号
2016.09.85号  2016.10.86号
2016.11.87号  2016.12.88号
2017.01.89号  2017.02.90号
2017.03.91号  2017.04.92号
2017.05.93号  2017.06.94号
2017.07.95号  2017.08.96号
2017.09.97号  2017.10.98号
2017.11.99号 2017.12.100号
2018.1.101号 2018.2.102号
2018.3.103号 2018.4.104号
2018.6.105号 2018.6.106号
2018.7.107号 2018.8.108号
2018.9.109号 201810.110号
201811.111号 201812.112号
2019.1.113号 2019.2.114号
2019.3.115号 2019.4.116号
2019.5.117号 2019.6.118号
2019.7.119号 2019.8.120号